普通預金で「貯蓄100万円の壁」を超える方法

普通預金で「貯蓄100万円の壁」を超える方法

★貯金がなかなかできない人にとって100万円の壁はかなり高いものなのだと考えられます。しかし、ちょっと工夫すれば普通預金でもこれが達成できるのです。

サイトトップ > 貯金をするタイミング

スポンサードリンク

普通預金で「貯蓄100万円の壁」を超える方法

貯金をするタイミング


とにかく貯金をするのが苦手だという人がたくさんいると思います。確かに手持ちのお金は何かに使いたくなってしまうものです。もちろん、一度に大金が容易に入ってくるなどということはまずありません。結局、ある程度のまとまったお金を貯めるとなると、ある程度計画的に毎月確実に貯金していくしかないのが現実です。


ところが現実的にはそれが苦手でなかなかできないというわけです。貯金に関するアドバイスでよく聞くのは、毎月の積立額の設定において、自分にとって無理のない金額の設定をすること、となっています。


ところが実際のところ、ある程度意識して無理もしないとちょっとずつではなかなかお金が貯まらないのかもしれません。


さて、ここでの大きなポイントですが、それはスパっと気持ちを切り替え、「まず100万円を貯めよう」と決意することです。とにかく100万円貯めてしまわないと、「貯蓄100万円の壁」を超えることなどないのですから。


まだ独身の人ならそれこそ今が貯金を始めるチャンスです。自分の決意次第で貯蓄額も増やすことができます。


結婚してからだとなかなかそうはいきません。子どもができますし、子どもは成長して大学生にもなります。住宅の購入も大きな出費です。多くの家庭では50代前半までは支出の方がかなり増え、貯蓄などは相当困難な難しい状況になります。どう考えても家計に余裕が出る時期ではありません。


DINKSという夫婦なら別かもしれませんが、最低でも子どもが小さい時期までに貯金をしておかなければなりません。この時期にある程度お金を貯めておけば、「貯めグセ」だってある程度は身にいているものです。


普通預金で「貯蓄100万円の壁」を超える方法

MENU



スポンサードリンク