普通預金で「貯蓄100万円の壁」を超える方法

普通預金で「貯蓄100万円の壁」を超える方法

★貯金がなかなかできない人にとって100万円の壁はかなり高いものなのだと考えられます。しかし、ちょっと工夫すれば普通預金でもこれが達成できるのです。



サイトトップ > 毎月の貯金目標

スポンサードリンク

普通預金で「貯蓄100万円の壁」を超える方法

毎月の貯金目標


一般的に銀行での貯金といえば「普通預金」ということになります。給料から天引きされる「積立貯蓄」もいいですが、ここは自分の意思を尊重した「普通預金」で考えてみましょう。


まずは速攻!ということで、「1年で100万円を貯める!」と考えてみてください。独身で若い人ならこの絶好のチャンスを逃さないようにしましょう。


実はお金の使い方を少し工夫するだけでも、お金が貯まるようになるのです。そのポイントは、貯められる金額よりも、貯金100万円を達成するために、いくらずつ貯めていくのかといういわゆる逆算思考にあります。


実際にまず100万円貯めるために毎月いくら貯金することになるでしょうか?ボーナスがある人の場合なら、ボーナスから毎回10万円を貯めるとすれば、毎月6万7000円で100万4000円が貯金できます。ボーナスから20万円ずつ貯金するなら、毎月5万円を貯めれば1年で100万円達成です。


ボーナスがない人でも、毎月8万4000円を貯めていけば1年で100万8000円です。翌月からは貯蓄100万円の壁を超えることになります。


1年という速攻作戦が厳しいなら、2年かけて100万円を目指してもいいのです。2年で100万円貯めるプランでも十分立派です。もちろん2年作戦なら達成できない目標ではけっしてありません。


「まずは100万円」というのは、通帳に数字が7つ入るので、通帳の景色が全く変わってきます。一度7桁になれば、この桁数を維持したくなるはずです。普通預金の通帳もモチベーションアップのツールのなるわけです。


普通預金で「貯蓄100万円の壁」を超える方法

MENU



スポンサードリンク