普通預金で「貯蓄100万円の壁」を超える方法

普通預金で「貯蓄100万円の壁」を超える方法

★貯金がなかなかできない人にとって100万円の壁はかなり高いものなのだと考えられます。しかし、ちょっと工夫すれば普通預金でもこれが達成できるのです。



サイトトップ > 貯金のための工夫

スポンサードリンク

普通預金で「貯蓄100万円の壁」を超える方法

貯金のための工夫


前項で毎月の貯金目標を設定しました。しかし、ここまでは誰もが考えたことがあるはずで、今まで貯金できなかった人というのは、この金額を確保できなかったわけでもあります。


ということは、最大のポイントは、これを達成するために、何らかの工夫が必要だということです。ここが正念場です。毎月の貯金額の不足金額が1万円以内のレベルなら、ちょっとだけ節約して確保するのはそんなに困難ではないと思います。強いストレスを強いられるほどの節約をしなくても、ちょっとした意識改革で済みます。


例えば食費なら、1週間で1000円節約するだけで1カ月4000円、自動販売機でよく買う缶コーヒーやペットボトル飲料の代わりに水筒を持参すれば3000円は浮くでしょう。夜の外食だって2回家ご飯にすれば3000円節約できて、トータル1万円が貯金に回ります。


これはほんの一例で、誰でも普段の生活の中でカットできる小さな項目があるはずです。これを見つけて積み上げていけばいいのです。


こうした項目はいくらでも出てきます。日用雑貨や、趣味&レジャー、被服関連などいわゆる変動費は、それこそ意識次第でかなり節約することができるはずです。


費目単独では僅かでもいいのです。複数の項目で少しずつ節約すれば、お金はすぐに浮かすことができます。積立額まで1万円以内ならこのように問題はそうはありません。


ただしこれ以上の節約が必要な場合は、変動費を少しずつ節約する作戦だけでは達成できません。もっとまとまった金額を浮かすなら、固定費にも目を向けなければなりません。それは家賃、自動車関連費用、保険料、水道光熱費、通信費などです。


普通預金で「貯蓄100万円の壁」を超える方法

MENU



スポンサードリンク