普通預金で「貯蓄100万円の壁」を超える方法

普通預金で「貯蓄100万円の壁」を超える方法

★貯金がなかなかできない人にとって100万円の壁はかなり高いものなのだと考えられます。しかし、ちょっと工夫すれば普通預金でもこれが達成できるのです。



サイトトップ > 100万円貯める実践への道

スポンサードリンク

普通預金で「貯蓄100万円の壁」を超える方法

100万円貯める実践への道


さて、実は積立額まで1万円以上節約が必要な人の方が多いと思います。だから貯金ができていないわけです。もう一度普通預金の通帳を眺めてみてください。


中でも貯金残高をドーンと減らしているのは何でしょう。そうです、家賃です。本当に自分の収入に相応な家賃条件の家に住んでいますか?そうではないと感じるなら住み替える方がいいのです。これだけで毎月2万円位の差になるはずです。


それと同様に保険関連も見直してみましょう。保険料の減額も相当に大きいのです。更に自動車です。これが趣味だと言う人は仕方がないですが、あまりに不必要な自動車の買い替えなどは大きな無駄になります。どうしても買いたいなら今のものより小型にしましょう。場合によってはマイカーを手放して、必要に応じてレンタカーを利用するというのも視野に入れてみましょう。


この3項目はかなり効くはずです。これが実践できたら「貯蓄100万円の壁」を超えることは容易です。携帯電話の料金プラン見直しも効きます。こうした毎月必ず必要な大きな費用を見直せば、大抵の人はお金がしっかり確保できるようになるはずです。


どうでしょう、通帳の金額の景色はかなり変化したでしょう。これは、家計管理による客観的な意識と結びついています。家計簿を普段つけていない人でも、預金通帳をその代わりにするのです。


計画を失敗しないようにするためには、最初から力まないことも大切です。ハードルを上げ過ぎると挫折する可能性も高くなります。まずは重点項目のうちのひとつを実践してみてください。小さな実績でも続けられたらしめたものです。


普通預金で「貯蓄100万円の壁」を超える方法

MENU



スポンサードリンク